乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

乳首のかゆみに有効な市販薬は?病院へ行きたくないなら!!

乳首がかゆいけど病院へ行きたくない人も多いです。

女性お医者さんもいますが、男性のお医者さんもいるので恥ずかしいですからね。それに乳首の悩みで病院ってのもちょっとと思う人も多いかと思います。

そのため、ドラッグストアや薬局で販売されている市販薬でかゆみを抑えられないかと探す人も多いです。

まず、使う薬の前提としては刺激が無いのを選ばなければなりません。刺激を与えてしまうとメラニンが分泌され色素沈着して色が黒くなる可能性や肌の乾燥がすすむこともあります。

そのため、低刺激となっているのを塗ると良いです。大抵の薬局やドラッグストアで販売されているのであれば「フェミニーナ軟膏」を利用すると良いです。

デリケートゾーンに使うことができるように低刺激となっており、効果・効能はかゆみです。

あくまでデリケートゾーンのかゆみとなるので、乳首に利用をしても問題はありません。普通の軟膏に比べて刺激成分を抑えて作られているだけでしかないですからね。ただ、症状が酷いとあまり聞かないと感じる人もいますし、すぐに効き目がなくなるなんてこともあります。

乳首がかゆい人の原因として多いのが肌の乾燥です。フェミニーナ軟膏にはかゆみを抑えるように作られていますが、根本的原因である乾燥対策としての効果を得ることができません。

そのため、期待以上の効果を得ることができないこともあるのですね。
かゆみを抑えるのであれば、薬も良いですがまずは乳首のケアを行って肌の乾燥対策を行うと良いです。

乳首のケアについてはもう少し下の方でご紹介しています。

フェーミニーナ軟膏について

薬と軟膏

フェミニーナ軟膏は大塚製薬より販売されている第2類医薬品です。第1類医薬品となると薬剤師がいる時間しか販売することができないのですが、フェミニーナ軟膏であれば、どこの薬局でも購入することができます。

効果効能としてはかゆみ、湿疹、じんましん、かぶれ、じんましん、虫さされ、皮膚炎です。

デリケートゾーンに使えるように低刺激に配慮して配合がされており、かゆみを抑える成分「リドカイン」が含まれています。普通の軟膏となるので使い方としては手にとって該当の箇所につけるようにすれば良いです。

ただ、保湿ができる訳ではなく、かゆみを抑えた成分が配合されている薬となるので、根本的原因の改善を行うことはできません。

薬よりおすすめの乳首のかゆみ対策

乳首ケア

肌は乾燥をするとバリア機能と呼ばれる働きが低下するので、少しの刺激を与えることでかゆみや炎症があらわれるようになります。乳首といってもからだの作りは基本的には一緒で同じ皮膚の一部です。

そのため、乳首がかゆいならしっかりと保湿をすることはかゆみ対策へとつながります。ただ、先ほども薬の部分で紹介をしたように刺激は厳禁となります。

化粧品の中でも乳首に使えるように低刺激となっているのが販売されているので、毎日ケアを行って保湿をすることが大事となっるのですね。

顔の保湿はするものの乳首ケアを行っていない人は多く、乾燥によりかゆいと悩む女性は非常に多いです。かゆいのを改善したいのであれば、下記の記事で紹介しているのでご覧ください。

デリケートゾーンや乳首につけて美白するような化粧品を利用してケアをするようにしていきましょう。

乳首がかゆいのを自宅で簡単に改善

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング