乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

生理前になると乳首がかゆい原因はいったい何?

生理前の女性

乳首がかゆい

生理前になると乳首がかゆいと感じるようになってくる人も非常に多いです。

乳首のかゆみがあらわれる原因としては肌の乾燥です。では、何故?生理前になるとかきたくなってくるのでしょうか!?

生理前にあらわれる乳首のかゆみには女性ホルモンが関係しています。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンと2種類あるのですが、月経前から排卵、排卵後と分泌する量が異なってきます。

そのため、女性ホルモンが乱れてしまいます。

エストロゲンとプロゲステロンには色々な働きがあるのですが、肌へのあたら気もあります。肌のハリをよくしたり、代謝を良くしたりと様々です。また、生理前になるとストレスもたまりやすいです。

そのため、肌のコンディションは崩れ皮膚に必用な栄養素が運ばれなかったりする為に水分は失われ乾燥をする原因へと繋がります。

乳首がかゆいのは皮膚の乾燥が関係しているのですね。

乳首をかくと色が黒くなるので注意

からだの働きの中にメラニンを作りだす分泌する作用があります。

メラニンが分泌される原因としては肌への刺激です。かゆみがあらわれてしまったことでかくと刺激となるので、メラニンが肌を守る為に分泌量を増加させてしまいます。

色素を持っている為に肌に付く事で色素沈着を起こり、赤ちゃんの頃はピンクだった乳首や乳輪が段々と茶色くなり最終的にはドス黒くなってしまいます。

生理前にかゆみがあらわれる人はできるだけかかないようにしなければならないのですね。もしも既に色が黒くなっているのであれば、紫外線や今までにかいたりした刺激、ブラのサイズがあっていない為に擦れた刺激で色素沈着しているはずです。

きれいな色をしたバストでいる為にもできるだけかかないようにしましょう。

生理前のかゆみを止める方法

乳首ケア

女性ホルモンが乱れるのは誰しもに起こる働きなので防ぐことはできません。

そのため、根本的な原因となる乾燥対策を行うことでかゆみを止めることができるようになります。乾燥した皮膚に潤いを与える為に必用なのは保湿をすること。

乳首につけても問題がないように低刺激で作られた保湿クリームが販売されています。毎日ケアを行うことで常に潤いのある皮膚を作りだすことでかゆみを止めることもできますし、発症しないようにすることもできます。

できるだけ、一時的にケアを行うよりは常日頃から乳首のクリームを使い保湿対策を行っていきましょう。乳首は他のからだの部分とは違いデリケートな部分となっているので、くれぐれも顔用化粧品などではなく、乳首用またはデリケートゾーン用に作られたのクリームを塗るようにしましょう。

間違ったケアで多いのがオロナインやリップクリーム

薬と軟膏

乳首のケアを行っているのに全く症状がないと悩んでいる人で多いのがオロナインやリップクリーム、顔用の化粧品をつかっていることです。顔用の化粧品については上記で紹介したように乳頭に付けることで刺激を与えてしまっている可能性があるからです。

オロナインに関しては保湿成分が配合はされていません。火傷やニキビを治療する為の市販薬となるので効き目を実感することができないのは当然のことです。配合されている油分によって多少は乾燥対策を行うことはできていますが、保湿しているとは程遠い話です。

リップクリームであれば保湿成分が配合されていますが、肌の奥深くまで浸透するような優れた成分が配合されているのはそんなに多くないです。また化粧品と同様にクチビルには問題なくてもバストには刺激となっていることもあります。

全く効き目がないと間違った方法でケアをしていると保湿ができていないのでどんどん乾燥は進み、症状が悪化する一方となります。

生理前の乳首のかゆみを止めたいのなら低刺激で作られたクリームを使ってケアを行うようにしましょう。

乳首クリームランキング

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング