乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

乳首をピンクにする薬は薬局で販売してる?

乳首をピンクにする薬をお探しではありませんか?

黒乳首でいれば経験人数の女と思われてしまうため、黒ずみをなんとか除去して色をピンクにしたいって女性は多いです。そのため、乳首ピンク薬を利用する人は多いです。

しかし、薬局やドラッグストアへ行けども店頭に並んでいることはありません。さすがに店員にどこで販売しているのか聞くのも恥ずかしいものです。

そのため、使いたいけど使えないって人は多いです。

乳首をピンクにする薬として利用がされているのがハイドロキノンと呼ばれる薬品となります。ハイドロキノンにはメラニン色素を作り出す働きを抑制させ、メラニンを作りだすメラノサイトを減少させる働きのある薬となります。

また、すでに色素沈着をしたメラニンに対しても効果をはっきさせる為、乳首をピンクにする薬と呼ばれています。

乳首が黒い原因はメラニンが色素沈着をしている為となるので、メラニンを除去さえすれば乳首をピンクにする効果が期待できるのですね。ハイドロキノンを購入する方法としては2種類あります

乳首をピンクにする薬の購入方法

乳首ピンク薬であるハイドロキノンはドラッグストアでの販売がされていない医薬品となります。購入方法としては2種類となります。

  1. 輸入代行業者を利用
  2. 病院で処方をしてもらう

ハイドロキノンを購入される方で多いのが皮膚科や産婦人科で処方をしてもらうことです。ただし、病院へ行くのは恥ずかしい為、輸入代行業者を利用して購入する人も最近では多いです。

日本では医者の処方が必要となりますが、海外では薬局で販売している店舗もあります。そのため、海外へ行き直接仕入れてくれる業者(輸入代行業者)を利用することで購入が可能となります。実質、輸入代行業者のwebサイトがあるので、実質通販で購入するのと同じ感覚で購入が可能となります。

しかし、日本で薬局で販売をすることができないにはきちんと理由があり副作用があるためとなっています。

乳首をピンクにする薬の副作用

ハイドロキノンは肌に与える刺激が非常に強い薬となります。

そのため、乳首に付けることで副作用として乳輪が大きくなったり赤く腫れることがあります。そのため、使用をする際には注意が必要となる薬です。

人それぞれ耐性も異なるので適量と言うのもありません。そのため、病院で処方されるにしても色々と注意や説明を受けることになります。安全に使うことができる訳ではないのですね。

輸入代行業者を安易に利用し、乳輪が大きくなったなんて後悔している人も多いです。輸入代行業者も最近では色々とwebサイトが閉鎖されつつあり、安易に利用することはおすすめできない薬となります。

黒乳首をピンクにしたいなら医薬部外品クリーム

乳首ピンク薬は副作用が起きる人も多く、病院で処方をして貰わなければならないってデメリットがあります。

そのため、黒乳首をピンクにしたいって女性が利用をしているのが医薬部外品となっている乳首のクリームです。化粧品とは違い美白効果があると認められている成分が配合されており、厚生労働省より認可が下りている化粧品と薬の中間に位置するクリームです。

医薬部外品となっている乳首の美白クリームを利用するメリットとしては●つあります。

  1. 通販で購入できる
  2. 副作用の心配がない
  3. 有効美白成分が配合されている

乳首に付けるように作られている為、刺激の強い成分に関しては配合がされていません。そのため、副作用が起きる心配をする必用がないのですね。

また、化粧品とは違い厚生労働省より医薬部外品として認可の下りている、有効成分が配合されたクリームとなります。そのため、美白効果があらわれたと満足している人は非常に多いのですね。

そのため、乳首をピンクにしたいのであれば薬を使うのではなく、医薬部外品クリームを利用する人がどんどん増えているのですね。

クリームの選ぶポイントや人気のものに関しては下記で紹介しています。
乳首美白クリームランキング

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング