乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

妊娠して乳首がかゆいのは女性ホルモンの乱れ

妊娠をすると乳首がかゆいと感じる人は多いです。乳輪や胸全体にかゆみがあらわれるって人もいます。

原因として考えられるが女性ホルモンの乱れです。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンと2種類あるのですが、この2つのホルモンは生理前や生理後など月経の周期などにもよって分泌量が異なってきます。

しかし、妊娠をすることでお腹の胎児へ栄養素を送ったり、女性ホルモンの分泌量や周期が乱れてしまいます。

そのため、肌への悪影響となるのです。女性ホルモンにはそれぞれ肌のハリや弾力を与えたり、女性らしいもっちりとした体つきにするような作用があります。そのため分泌量が乱れてしまうと色々と肌に影響を及ぼしてしまうのですね。

また、からだを思うように動かせなくなったり今後のことを考えたりすることでストレスが溜まってしまう人も多いです。肌に悪影響なことが色々とおきてしまっているのですね。

結果、胸や乳首の皮膚が乾燥をしてしまうのかかゆいと感じることになります。

妊娠中に乳首がかゆいのを止めるには

ホワイトラグジュアリープレミアム

妊娠中の人で乳首がかゆいのは女性ホルモンの乱れによる肌の乾燥ですから、しっかりと保湿を行い皮膚内の水分量を保つようにすれば改善がされかゆいのを止めることができます。

乳首用に作られた低刺激のクリームが販売されているのでケアをすれば良いのですね。

他の部分と違った刺激に敏感なからだの一部となるのでくれぐれも顔用やボディ用のクリームを使わないようにした方が良いです。妊娠線予防クリームを使っている人も多いかと思いますが、お腹やバスト周辺には良くても乳首に塗ると刺激が強すぎる成分も入っていることがあります。

また、添加物なども刺激となっているので出来るだけ無添加のを選ぶといいです。

保湿力に優れた乳首のクリームでケアをしていくことで皮膚の奥深くまで成分を浸透させかゆいのを止めることができるようになります。皮膚の表面の角質層までしか成分が浸透しないようなのだと、皮膚の奥側がほとんど改善されていないので、塗ってすぐは良くとも時間がたつとかゆみがあらわれることもあるので浸透力のあるクリームを使うようにしましょう。

妊娠中の人で注意すること

乳首のクリームであれば低刺激で作られているので普通であれば皮膚にあっていないなどが無ければ問題はありません。

ただ、妊娠中の人ならではの注意をしなければならにことがあります。それは出産をすると授乳がはじまること。

赤ちゃんは乳首を吸ってミルクを飲むのですから口に含んではいけない成分が付いていては乳児に影響がでてしまうこともあります。クリームを使う際には産婦人科の担当医などに相談をしながら使うようにしましょう。

いつまでには授乳のことを考えて使うのをやめましょうやこんな成分が配合されているのは使わないほうが良いですよなど相談にのってくれるはずです。

どんな化粧品も乳首に付けるために作られているのに関しては医者に相談をした上で使用してくださいとなっています。人によって状況も異なるのでこのクリームなら安全ですってのは無いのですね。

乳首保湿クリームランキング

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング