乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

乳首がもともと黒いのは勘違い!黒い原因は色素沈着

乳首がもともと黒いと勘違いをしている人は非常に多いです。日本人でもともと色が黒いって人はほとんどおらず、大抵の人はきれいなピンクをしています。

そのため、ピンクにすることは可能となるのですね。

勘違いをしてしまっている人の多くは思春期の頃の記憶が関係をしています。自分のバストの色が周りよりも茶色であったり黒いと思う人のほとんどは中学生や高校生の頃の学生時代に気づくことが多いです。

修学旅行での温泉、水泳の時間の着替えの際に友人の胸を見たときにショックを受けるものです。みんなこんな感じの色だと思ってたけど、わたしより全然ピンクだ・・・。

そのため、もともと黒いと勘違いをしているのですが、黒い原因はメラニンの色素沈着です。そのため、色素沈着したメラニンを除去さえすればピンクにすることはできるのですね。ここでは何故子供の頃から色が黒いのかをはじめ、ピンクにしたいのであればどうすればいいのかについて解説していきます。

子供の頃から乳首が黒いのは刺激によるメラニンの過剰分泌

色が黒い原因となっているメラニンはからだの中で作られ分泌をします。色素を持っている物質の為、乳首の中にある皮膚に引っ付くことによって色素沈着が起こります。そのため、乳首の色をピンクから茶色、黒へとだんだんと変化させていきます。

子供の頃から黒い人は主に以下の5つの原因が考えられます。

  1. 上半身裸で水浴びをした
  2. メラニンが分泌しやすい体質である
  3. 室内で裸でいることが多かった
  4. ぶつけたりなんらかの刺激が加えられていた
  5. 洋服が擦れた刺激

全ては刺激が関係をしているので、上半身裸で水浴びをすれば紫外線による刺激が加えられやすいです。また、蛍光灯も微量ながら紫外線を発しています。そのため、メラニンが大量に体内で作られ分泌がされてしまっているのですね。

また、常に加えられる刺激が衣類が擦れたことによる刺激。

微量の刺激ではあるものの乾燥をしていたりすれば肌には悪影響となります。刺激が肌へ加えられればかゆみにも繋がるのですが、乳首がかゆいと悩んでいる人の多くは乾燥した状態に衣類が擦れた刺激が関係をしています。

乳首をピンクにしたい人が行う乳首ケア

病院で医者に胸を見せなければならない為恥ずかしいと考える人が多いため、実際の数は不明なのですが乳首が黒いことで悩んでいる人は非常に多いといわれています。

そういった乳首をピンクにしたいと思っている人たちが行っているのが乳首の美白ケアです。

厚生労働省から認可されている美白クリームを使う人もいれば、薬を利用することでメラニンを除去する美白方法もあります。赤ちゃんの頃からのもともとの色よりも薄くすることは難しいですが、美白を行うことは可能となります。

ただ、先ほども紹介したように基本的にもともと赤ちゃんの頃はピンク色をしていたのが色素沈着によって色が黒くなっている人がほとんどなのであきらめる必用はないのですね。

乳首を美白する方法については下記をご覧ください。
乳首の美白で効果のあった方法

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング