乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

乳首に化粧水で美白や保湿の効果!!そもそも塗って良い?

乳首に化粧水塗ろうとしていませんか

乳首に化粧水をつけようと考える人も多いです。

色が黒いから美白してピンクにしたい!!
かゆいから乾燥対策として保湿をしたい!!

などなど、乳輪や乳頭につけて肌トラブルを改善しようとするのですね。
ただ、顔に付けるための化粧水となるのでつけていいのかと心配される方も非常におおいです。

乳首や乳輪は刺激に弱いデリケートな部分となるので、他のからだの部分と同じものを付けて良い訳ではありません。

では実際に化粧水をつけても問題はないのか?
効果はあるのかについて紹介していきます。

乳首に化粧水で美白や保湿の効果

化粧水も様々なタイプのが販売されているので、有効な成分が配合されていれば美白を行うこともできれば保湿を行うことも可能です。

特に保湿をするのが化粧水の目的であるので乾燥対策としてであれば効果は体験できるはずです。ただ、皮膚の奥まで浸透させる成分が配合がされていなければかゆみの改善を行うのは難しいです。

奥の方がむずがゆいなんてことになりかねないです。

美白に関しても肌の奥にあるメラニンの発生源のメラノサイトまで浸透させるような成分が配合されていて、美白成分が含まれているのであれば効果はあらわれます。

結論からすると化粧水で乳首の保湿や美白効果はあります。ただ、どんな製品を使うかにもよって異なってきます。

美白にしろ乾燥対策としての保湿にしろ肌に浸透させる成分が配合されていることが大事となります。

乳首に化粧水をつけても良い?

悩む女性

効果に関してはあるのですが、問題が乳首につけても良いかって点です。化粧水だから駄目って訳ではありませんが、乳首につけることができるのかは確認をした方が良いです。

乳首の美白や保湿、かゆみ対策として利用するのであれば乳首用に作られているクリームを使うのが一般的です。デリケートゾーンの美白化粧品が販売されており刺激を抑えて作られています。

化粧水だから駄目って訳ではあにのですが、乳首用に作られているのが販売がされていません。

デリケートな乳頭や乳輪に刺激を与えてしまうと美白ではなく、逆に色を黒くすることになりかねないです。刺激によってメラニンが大量に分泌されて、皮膚に色素沈着を起こして色が黒くなっているためです。

もともと生まれたときから乳首が黒いなんてことはないので、小さい頃からの刺激によって色が黒くなっている人が大半です。

でも美白をしようと思ったのに逆に刺激を与えてしまっては意味がないのですね。化粧品は美容液や乳液、化粧水など色々と販売されていますが、デリケートゾーンに使うのなら専用のスキンケアグッズを使うようにしましょう。

乳首の美白や乾燥対策として専用に作られているクリームを使うのが一般的です。
乳首クリームランキング

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング