乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

乳首がかゆいし痛い!!原因と自宅でできる簡単な解決策

乳首の痛みに悩む女性

乳首がかゆいだけでなく痛いと感じることもあります。

病気を疑う人もいますが、多くの場合は単なる肌トラブルとなります。胸の病気は沢山あるので素人が特定するのは難しく、心配な方は病院へいくと良いです。

ただ、病院で男性のお医者さんに胸を見せるのは恥ずかしいものです。

多くの人が悩んでいる原因である肌トラブルであれば、薬では効き目がないこともあります。そのため、まずは肌トラブルを疑って、解決策を行ってみてはいかがでしょうか!?

乳首がかゆいし痛いと感じる原因となっているのは皮膚の乾燥です。

保湿クリームを使ってケアを毎日していますか!?
恐らく何もしていないと思います。

オロナイン軟膏をつけた経験がある人もいますが、用途が異なるので全く効き目がないはずです。胸もきちんとケアをしなければ乾燥はしますし、かゆみへと繋がります。

乾燥した肌は少しの刺激がかゆいと感じる原因となってしまうのですね。

女性ホルモンによる影響が原因にもなっている

女性は生理の周期などによって女性ホルモンの分泌量が変化をしていきます。そのため、肌のコンディションが崩れたりと影響がでてくることも多いです。

また、胸を成長する要素でもあるのがこの女性ホルモンです。痛みに関しては成長痛が関係していることもあります。

女性ホルモンの分泌量の変化によって胸の発育や乳腺の発達が行われます。その際に成長を行っているので痛みがあらわれることもあり、乳首が痛いとなっている原因も考えられます。

ただ、成長を止めるなんてこともできないのが防ぐことも当然無理となります。ひとつの原因として考えられるのが紹介させて頂きましたが、成長痛であればどうしようもないので時間が過ぎるのをまつしかありません。

乳首が乾燥して痛い時の自宅でできる解決策


乳首が乾燥して痛いのであれば保湿を行っていきます。

ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなどが配合されたクリームで保湿成分を肌に浸透させることでバリア機能が正常に働くようにします。

保湿剤の膜であるバリア機能によってブラジャーの擦れや紫外線による刺激から肌を守ってくれるようになります。

注意をするのは低刺激で作られた化粧品によるケアを行うこと。刺激を与えてはいけないので、化粧品によって肌にダメージを与えてはしょうがありません。

乳首につけるように作られた美白クリームがあるので、乳頭につけても問題がないように作られたクリームを使いましょう。また、デリケートゾーン用のクリームでも問題がありません。

乳首よりも更に繊細な部分に作るように作られているので刺激成分を配合しないようになっています。顔の化粧品などで低刺激で作られているのもありますが、乳首にも問題がないかというと必ずしもそうではないので、必ず乳首につけても問題がないクリームなのかを確認するようにだけはしましょう。

乳首保湿クリームランキング

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング