乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

乳首がかゆいのは乾燥による肌への刺激。止めるためには

乳首がかゆいと感じる多くの人は乾燥による刺激が関係しています。

胸の皮膚が潤った状態であると保湿成分の膜によって刺激から守っています。これを美容用語でバリア機能なんて呼んだりするのですが、乾燥している状態はバリア機能が正常に働いていないってことです。

そのため、皮膚に刺激が与えられれば保湿剤の膜によって軽減することができなく、直接伝わってしまいます。これがかゆいと生じる原因となっているのですね。

乳首が潤っていれば多少のことではかゆみがあらわれることはありません。

しかし、バリア機能が低下をするとちょっとした刺激でもかゆみへと発達します。ブラジャーが乳頭に擦れたことだけでも駄目な人も多いです。

たとえ室内で下着を着けていない状態であっても蛍光灯の明かりは微量の刺激となっているのでダメージを与えています。

そんなことでなんて思うことでも乾燥をした乳首はかゆいと感じるようになってしますのですね。

乾燥によりかゆいのを止める対策

止める為には刺激を軽減することと、保湿をすることです。片方だけでなく両方の対策を行うようにしたほうが良いです。

刺激を軽減させる方法としては3つです。

ブラの素材をコットンや綿100%の素材を選ぶ
ワイヤーが入っていないのを選ぶ
サイズがフィットしているのを選ぶ

できるだけ素材が自然の成分などによって作られたのを利用すると良いです。また、ワイヤーがあると肌を締め付けてしまうので良くありません。

ブラジャーののカップサイズがしっかりとあっていないのを利用している人も多いです。カパカパとなってしまうとずれたことによる摩擦が肌にダメージを与えるので、できるだけフィットしているのを選ぶようにしましょう。

保湿は乳首に塗るように作られた美白クリームがあるので、毎日ケアを行えば良いです。顔用の化粧品だと刺激が強いこともあるので注意しましょう。

乳首の保湿で後悔しない為に絶対に注意すること

冬の時期には特に注意

冬の景色
冬の時期になると大気の関係で日本海側に雨や雪を降るようになります。そのため、水分を放出してしまっています。また、暖房を付けることもよくありません。

大気は暖めることによって乾燥をするようになります。

水ッ気のない空気となってしまうので肌に水分が補給されない為に乾燥をしてしまうのですね。また気温が寒くなることによって新陳代謝が低下をしてしまいます。

血液の流れも悪くなれば体温も低下をしてしまうので、汗をあまりかかなくなってしまいます。汗は皮脂とも呼ばれていて油分や水分を含んでいます。しかし、全くからだから分泌しないようになってしまうので、カサカサとなってしまい乾燥が進んでしまうのですね。

皮脂は皮膚に良くないからしっかりと洗い落とさなければいけないと勘違いしている人は多いのですが、多少はないと逆に良くないのです。冬の時期は得に皮膚が乾燥をしてしまい乳首がかゆいと感じることも多くなってしまうので、きちんと保湿対策をするようにしましょう。

冬場の時期だけ乳首の保湿クリームを使っている人も多いです。
乳首保湿クリームランキング

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング