乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

乳首がかぶれて痒いときの対処法

乳首のかぶれに悩む女性

乳首がかぶれてかゆいなんて症状に悩まされる方も多いです。
乳首や乳輪がかぶれる原因としては以下の4つが考えられます。

  1. 夏場にブラジャーの中が蒸れた
  2. 授乳による影響
  3. 乳首のアトピー
  4. ブラジャーの素材が肌にあっていない
  5. 乳首が乾燥をしている

乳首がかぶれてしまう原因はアトピーが関係しているものの他に汚れや雑菌が肌へ付着してしまっている為です。

雑菌が付着することで炎症を起こしてしまっているので、かゆみやヒリヒリとした痛みを生じることになります。特にバストが乾燥している人は肌のバリア機能が低下をするのでかぶれやすいです。

バリア機能によって刺激や外からのばい菌から皮膚を守っているのですが、この機能が低下することで刺激を受けやすくなるので炎症をしやすくなってしまうのです。

乳首がかぶれた際のケア方法

乳首ケア

乳首がかぶれた際のケア方法としては保湿を行うのが有効的です。

保湿を行うことでバリア機能を高め刺激を軽減することが大事となります。できるだけ抗炎症成分が配合されたものを使うのが効果的となります。また、刺激によってかゆみが生じる原因ともなっているので保湿をすればかゆみケアとしても有効となるのですね。

もうひとつのケア方法としては薬局やドラッグストアで販売されている薬を使うことです。

フェミニーナ軟膏と呼ばれるデリケートゾーンにも使うことができる軟膏が販売されています。炎症を抑える効果があるので効果的な方法となります。オロナインはかぶれに使うことで副作用や症状を悪化させることがあるのでくれぐれも使わないようにしてください。

フェミニーナ軟膏は保湿成分が配合されている訳ではないので炎症を鎮めたとしても新たな刺激によってかゆみが生じることもあります。そのため、乳首用のクリームで炎症を鎮めるのとは別に保湿を行う必要があります。

結局は乳首のクリームでケアをする必用があるので最初から保湿クリームを使うのがおすすめとなります。保湿専用のは販売されていないので美白クリームを使えば問題ありません。

乳首保湿クリームランキング

乳首がヒリヒリと痛むなら石鹸を変える

日ごろ使用をしているボディソープやボディ石鹸には科学薬品などが配合されている為、肌への刺激となります。洗い流さずに泡がついたままだとかぶれるのはこの刺激成分が配合されている為なのですね。

そのため、できるだけ乳首がかぶれている人は肌に優しいデリケートゾーン専用石鹸を使うようにしましょう。オーガニック成分などで作られているものが多く、肌への刺激となる成分は使わないように作られたいます。

  1. からだを洗うと乳首がヒリヒリと痛い
  2. 早く乳首のかぶれを治したい

このどちらかに当てはまる人は刺激の少ない石鹸に変えるようにしましょう。

人気の低刺激な石鹸

デリケートゾーン専用石鹸といっても種類は様々です。なかには専用石鹸なのにも関わらず刺激のある成分が配合されているものまであるので注意が必要です。

できるだけ自然由来の成分によって作られたものを選ぶと良いです。

人気のものであれば「アンボーテフェミニーナウォッシュ」です。アンボーテフェミニーナウォッシュはコスモス認証を初めてクリアしたデリケートゾーン石鹸となります。

コスモス基準とはオーガニック成分が95%以上であるものに認証がされるものとなります。そのため、肌に優しい石鹸であることの証明でもあるのですね。

デリケートゾーン石鹸を使う人の多くはかゆみやかぶれに悩まされています。そのため、低刺激で成分で作られているアンボーテフェミニーナウォッシュが人気となっているのですね。

また、保湿成分なども配合を行っている為、美白クリームと一緒に使うことでより早くかぶれを改善させることができます。

デリケートゾーン用保湿美容液アンボーテの詳細へ

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング