乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

乳首をかゆいのでかくと汁がでてきた!!この液体は何?

乳首からでる汁
出産もしていなければ妊娠もしていないのに乳首から汁がでてくるなんて経験をしたことがあるのではないでしょうか!?

乳首がかゆいからとかくとあらわれる人が多いのですが、液体がでてきたことで病気ではないかと驚く人も多いです。

結論からすると病状があることから病気とされます。乳腺から汁がでてくる病気の種類は様々です。かいてしまったことによって乳腺が傷ついて損傷を起こしてしまう人も非常に多いです。

乳腺から汁がでるケースで一番心配をしなければならないのが乳がんです。乳管と呼ばれる部分に癌ができてしまうと液体がでてくることがあります。しこりを感じるのであれば一度産婦人科で診察をしてもらった方が良いです。

乳がんの症状でかゆみなどがあるので、心配で病院へ良くと大抵のケースは問題がなかったりします。主にしこりがあることで発見される病気なので、あなたの胸にあるのなら心配なので恥ずかしいなどは言わずに病院へいくのをおすすめします。

ただ、しこりはないって人もいるかと思います。その場合下記の病気が考えられます。

乳腺症と呼ばれる病気です。透明や黄色の液体がでてくることもあり、女性の半数ぐらいが経験してるなんて言われる程、多くの人が経験しています。特に対処方がある訳ではないのですが、乳首をかいてしまう人に多く、乳腺を傷つけてしまっていることになります。

乳首をかいて汁がでてきたなら

かくのを今すぐ止めましょうと言いたい所ですが、実際問題かゆみがあらわれているとかかずにはいられないはずです。

完全にピタッと止めるのは難しいので少しは我慢をするようにしましょう。

また爪を切ったり、できるだけ強くかかにように気おつけることも大事です。

かけばかくほど症状はどんどん悪化してしまいますし、乳腺を更に傷つけてしまう結果となります。治りも遅くなってしまうので、できる範囲のことだけでもちょっとづつ意識するようにしてください。

汁がでる乳腺症だけでなく入管が炎症を起こすなど他の病気にも発展してしまう可能性があるので注意が必要です。

かゆみを止める為に低刺激クリームで保湿をしましょう

かくのを一切やめたら汁がでなくなっただけでなくかゆみが止まった人もいます。ただ、今かいていることによる刺激を止めただけなので、改善するまでには時間がかかってしまいます。

多くの人がかかに方が良いに決まっているのは分かっているにもかかわらず、かきむしってしまっている訳なので完全に我慢しようと思っても続かないことが多いです。

そのため、改善させるためにも保湿を行っていきましょう。乳首がかゆい原因として多いのが肌の乾燥です。バリア機能が低下してしまっているので、少しの衝撃がかゆみへと繋がってしまっています。

そのため、保湿クリームを使うことが大事となります。

保湿クリームと言っても色々な種類がありますが、このとき使用するのは低刺激成分で作られたもの。乳首は他の肌の部分と比べてデリケートになっているので、日ごろ使っているのだと刺激となり悪化させてしまうことがあります。

保湿成分が配合されている乳首のクリームが販売されているので、そういったデリケートゾーン専用の化粧品を使うようにしましょう。

乳首保湿クリームランキング

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング