乳首かゆいのを自宅で簡単に改善 - 乳首かゆいのバイビー

乳首かゆい

*

乳首が赤いのは何故?乳輪の赤みやぶつぶつができてしまった人へ

赤みに悩む女性乳首が赤いもしくは、乳輪に小さい赤い湿疹のようなぶつぶつができてしまったなんてことはありませんか!?

赤いのに関しては刺激による炎症となるので、少し時間が立てば元の色に戻ってきます。ただ、安心できるようなことではありません。

乳輪にできてしまうニキビのようなぶつぶつに関しても刺激が関係しています。これに関しては一度できてしまうと治るようなことはないので1ヶ月待とうが1年待とうが消えてなくなるようなことはありません。見た目的には気持ち悪いですが、からだに害のあるような病気ではないのでその点では安心をすることができます。

ただ、どんどん数が増えてしまうこともあるので病気ではなくとも見た目的に決して良いものではないのできちんと原因を把握して、予防措置を行った方が良いに越したことはありません。

この記事では乳首が赤くなってしまった原因と赤みのある湿疹のようなぶつぶつができてしまった原因のふたつを紹介していきます。

乳首が赤い原因は何?

乳首が赤い原因としては刺激を与えたことにより胸が炎症を起こしているのが原因となっています。刺激に関しては常に下着や洋服が擦れたことによって与えられているのでいきなり炎症をしてしまうことが多いです。

今までは何故大丈夫だったのかというと肌のバリア機能と呼ばれる働きによって刺激を軽減してくれていたからです。乳首ケアをしていなければ肌のコンディションもどんどん悪くなってしまい乾燥をするのでバリア機能は衰え赤くなってしまいます。

ようするに乳首のケア不足によって刺激に弱い肌となってしまっているのですね。

1cmにも満たないような赤いぶつぶつができる原因に関しても刺激となります。

この腫れ物は皮脂を分泌するモントゴメリー腺と呼ばれる脂肪線なのですが、本来は胸の奥のほうにあります。ただ、刺激を加えることによって表にでてきてしまうので病気ではないかと勘違いをしてしまう人も多いのですね。

誰しもが胸の中にあるので危険な症状ではありません。

この2つの原因からも分かるとおり、乳首や乳輪への刺激は厳禁となっています。からだの中でもデリケートな部分となるうえに乳首ケアを行わない人は多いので、人によっては乳首の赤い症状に悩まされてしまうのですね。

症状が悪化しない為にも刺激を軽減する為に乳首ケアを行いバリア機能を高めるようにしましょう。

乳首ケアって何すれば良いの?

乳首ケアといっても特別難しいようなことではありません。肌のケアを行えば良いだけです。

ただ、刺激が厳禁となっていることから分かるとおり使う化粧品に関しては注意が必要です。
乳首用に作られた化粧品があるので、低刺激の安全なのを利用する必要があります。

乳首ケアで保湿をすることによって皮膚に保湿剤の膜(バリア機能)ができるので外からの刺激から守る役割を行ってくれます。

赤くなってしまったり、モントゴメリー腺がでてきてしまう人に多いのが全くケアをしておらず乾燥をしてしまっている人です。
刺激に弱いからだの部分でなおかつ乾燥をして弱まっている状態に刺激が与えられるので肌に与える影響が大きくなってしまっているのですね。

かゆみがあらわれていてかいてしまったのが原因となっている人も多いです。
かゆいと感じるのも同様に刺激が原因なので乳首ケアをすれば止めることはできます。

日ごろケアをしていないのであれば、バストにもケアをするようにしましょう。

乳首美白クリームランキング   乳首保湿クリームランキング